がん治療

がん治療

意外と知られていないがん治療に必要な費用

抗がん剤が良く効くがんとは

体の中に投与することでがん細胞の増殖や散らばるのを防げますが、抗がん剤治療に向いているがんとそうじゃないがんの二つに分類されます。もっとも抗がん剤治療の効果を引き出すのが乳がん、卵巣がん、小細胞肺がん、多発性骨髄腫、大腸がん、骨肉腫等です。これらのがんには、様々な種類の抗がん剤を使う事で完璧に死滅させることができます。逆に抗がん剤治療が向いていないがんは、悪性黒色腫や甲状腺がんです。

免疫療法で治る?

がん治療といえば抗がん剤ですが、現在注目されている免疫慮法も捨てがたいです。自身の免疫力を上げて、がん細胞を減らすというもので、抗がん剤による副作用がないのが最大の特徴です。保険が適用されない分負担が大きくなりますが、体に潜むパワーで病気に勝てるためとても需要が高い治療法になります。治療費に少し余裕が出る時は、一度試してみてもいいでしょう。

治療にかかる費用

初年度にかかる費用

一見高額に見えるがん治療は、年間で50万円程度の出費しかありません。この場合は、自己負担3割の保険が適用された時ですが、15日前後入院しても乳癌だと10万円、大腸がんなら10万円から50万円です。また、病状があまり回復しないようなら治療が必要になるケースもあるため、年間で50万円の治療費が相場だといわれています。抗がん剤治療においては、一か月続けても5万円程度と負担は少なめです。

種類で変わってくる

抗がん剤治療をするためにはどのタイプを使うかを医師と相談する必要があります。理由は、抗がん剤治療の種類によって費用が変わってくるからです。基本的に抗がん剤治療は保険が適用されますが、日本で認可されていないものだと自費になります。例えば、アメリカが承認している抗がん剤だと80万円を軽く超えるものがあるでしょう。しかし、治療に使えば相場より上回る結果になります。

保険で補う

抗がん剤治療に関しては、保険が適用されるので負担は少ないですが、ベッド代や食事代、免疫療法に至っては保険適用外になります。この部分を補うためには、がん保険への加入が勧められます。ただし、がん闘病中の時に入れる保険は限られているため、万が一の事を考えて先に加入しておくといざという時に保証が受けられます。さらに制度を上手に活用すると支払額を効果的に抑えることが可能です。